上海から主にMac・iPhone・音楽・工場生産関係のネタをお届け。
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
01:57:56
写真をGREEにアップ中。
左側のフォトバッジに表示されるはずなのでチェックしてみてくださいね~。
日記は続きを読む、から。

↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく
<4月18日>
ボストンについたよ。シカゴ経由で。さすがに13時間のフライトは疲れるね。
ボストンはこじんまりとした街。人口も56万人くらいしかいない。
アメリカの中でも最も古い街の一つ、ということでイギリス様式の古い建物が多く、おしゃれですっきりまとまっているイメージ。その一方で独立運動の起点となったり、JFKの故郷だったり、愛国とそれに対する情熱に溢れる街だ。
地球の歩き方である程度地理を頭に叩き込んだ。市の中心のほとんどは歩ける距離内に集中している上、地下鉄が発達しているので移動に苦労しないのだ。
そして当たり前ながら白人だらけ。慣れればどうってことはないだろうが、やっぱり体が小さい分萎縮してしまう。そして底辺の仕事をしているのはやっぱり圧倒的に黒人ばかりだ。
今後同僚となる人たちと夜、世界一うまいというイタリアンのレストランへ。イタリア人街にある小さなお店なのだが、これが今まで食べたことのない格別の料理を提供してくれた。ムール貝のトマトソース炒め、トマトとモッツァレラチーズ、そしてロブスターのパスタ!それを気のいいおじさんウェイターお勧めの白ワインで。言葉ではとてもとても表せない。幸せで死にそう。一つ言えるのはトマトが決め手かな。
ホテルはバックベイの、ニューイングランドで一番高いといわれるガラス張りのビル、ジョン・ハンコックタワー(同僚の話だとガラスがおっこちてきて駐車していた友人の車が潰れたらしい)と、格式のあるトリニティ教会のすぐとなりのYWCAビルにあるHOTEL140。眺めもいいし、見つけやすいし、いい感じのホテル。
さっき朝ご飯を食べ終わったところだが、自分、ほんとに驚くほど英語ができなくなってる。。。これはやばい。聞き取れないのだ。なんとなくごまかす自分に嫌悪。昔中国語を勉強していたころ、わからないのがすごく悔しくて勉強した嫌な思い出が頭をよぎる。わからない自分への怒りと、わからないと確実に損をしたような気持ちと、相手にバカにされているような錯覚と・・・かっこつけなんだよね自分は。そんなわけで英語もやっぱり勉強しないとなあ、と思った。
ともかく一発で気に入ったこの街、今日はオフなのでいろいろ散策してみようと思う。


<4月19日>
ボストン2日目、散策してみた。
ボストン旅行には欠かせないのがフリーダムトレイル。アメリカ独立の足跡と史跡を辿る小旅行。
ボストンは小さいから徒歩で歩けてしまうのだ。まずは公共公園、ボストンコモンから、州議会政府やグラナリー墓地、独立宣言が行われた旧州議会、ボストン虐殺跡などなど・・・アメリカがイギリスから独立するまでにボストンで起こった茶会事件や、ポール・リビアやサミュエル・アダムス(ビールの名前でも有名)などの重要人物のことなども学べて面白い。アメリカ人には当たり前のことなんだろうけど。まあ歴史がまさに動いたところに行くとやっぱり感動するものだ。
そして昼からはクインシー・マーケットでのんびり。色々な食べ物があって買い物スポットにもなってます。でも現地の人はいかないらしい。
その後はホテルの近くのニューベリーストリートという若者の集まる、れんが造りの伝統的建物がそのままお店になっているストリート(ちょっと前の表参道みたい)や、ボストンとケンブリッジの間を流れるチャールズ川のほとりの公園を歩いたり、高級住宅街のビーコンヒルにあるこれまたおしゃれな古い建物にアンティークショップなどが並ぶチャールズストリートでぶらぶらしたり。
ボストンは伝統と新しいものがうまく融合している。しかもそれがすごくさまになっている。上海とかのように物まねや一部のところだけ、というレベルじゃない。町全体がほんとにさまになっているのだ。もちろん、人も。ボストンは場所にもよるがとても静かだ。そして人々がみんなあったかい。ここで暮らせたら面白いだろうなーと思う。
そんなこんなで夜は更け、バーに行ったらID忘れた人がいて酒が飲めず。。。
そのまま寝ましたとさ。

<4月20日>
3日目の今日は、午前中チャイナタウンをうろついた。脇道はちょっと危険な香り。聞こえてくるのは広東語がほとんど。でも店では普通話が通じた。うんうん、なんか落ち着くわ。
水族館に行こうと思ってビーコンヒルに住んでいるSさんに電話したら家でご飯つくったからおいでよということでお邪魔しているというわけ。火災警報機が鳴っちゃったりして一騒動あったのだが今は大丈夫。のどかな昼、ちょっと眠い・・・
午後はだらだらして、アメリカ側の代表、ジョシュの到着を待つ。
Mさんとボストンコモンに行きひなたぼっこ。4時過ぎにジョシュが来たので車に乗る。まずはケンブリッジにあるジョシュの事務所へ。今回売るCDなどを持ってからバンドのいるBraintreeのMotel6(全米チェーンのホテル)までまた移動。久々にバンドのVo.と会う。他のメンバーはまともに会話するのは初めてだがみんな超歓迎モード。すぐになじめた。やっぱり中国語はいいね。特にDrとは気が合う。はやと君のこともすごく褒めてたし。
ピックアップ後、バンドと色々な話をしながら郊外のライブ会場へ。着いたのが7時くらいだったのだが空はまだ明るい。搬入をしてリハ・・・と思ったらこっちでは小さいハコでは一番目のバンドだけリハをやって、後のバンドは直前で合わせるだけだとか。お客に中国人の女の子が2人来たのでさっそくバンドが声をかける。特にVoが超紳士的。話を聞くとこちらで生まれ育った華僑らしい。かわいい方の子が台湾訛りの中国語(大陸ではバカにして台普という)だった。
最終的には150人くらいが集まってライブスタート。うちのバンドは間違いなく、確実に成長していた。Voの完ぺきな英語MCでがっちり観客をつかみ、ともかくよく動くパフォーマンスで圧倒。すごい迫力だ。しかもうまくなってる。さすがにこれなら国際的に通用する確信を持てた。
その後はバンドを送って帰宅して終了。濃い一日。

<4月21日>
ボストンは快晴。今日はボストンから3時間くらいのアルバニーというニューヨーク州の都市でのライブ。11時くらいにピックアップされ、バンドをピックアップし機材車に乗り換えてから一路アルバニーへ。バンドと将来の夢などを語りつつ。面白いやつらだわ。アルバニーはやはりこじんまりとした街。搬入を済ませてライブ開始・・・と思ったら客があまり来ないので押し押しの展開。最終的には300人くらいは来たが。今回のハコはかなり音がよかったのでいい感じのパフォーマンスができた。地元の観客もめちゃくちゃに盛り上がってモッシュも起こっていた。でもメンバーによると普通らしい。これだけアメリカ人を盛り上げられるなら間違いなくいけそうだと思った。対バンの人や観客がバックステージで大興奮。アメリカに来てくれてありがとう!とみんなが口々に言っていたのが印象的だった。今回の組み合わせや観客にもよるかも知れないが、アメリカはやっぱりリズムが単純で、盛り上がるやつが好きみたい。でもいいものはいいとはっきり認めるところもすごく気持ちいい。
夜は小さいモーテルで2人部屋に3人入って寝た。でもバンドは2人部屋に4人だったからもっとせまかったに違いない。

<4月22日>
アルバニーからボストンに戻り、バンドと分かれた。すっかりメンバーとも仲良くなれたのと、彼らの考えを色々と聞けたのがよかった。これから楽しみ。
夜はハーバードスクウェアにあるメキシコ料理屋でNさんとサシで。今後の計画をもろもろ練る。これからはJoshとNさんとチームを組んでやることになる。やることは多いがやりがいがある。みんなの夢を乗せて、これからもバンドを育てていかないと!

<4月23日>
帰国の日。。。あっという間だった。朝6時にホテル出発。シカゴでトランジットしてからの飛行機の時間が長いのがマジで苦痛。でも今回は比較的空いていて、3つ席があいていたのでずっと横になって寝られた。ラッキー♪
山手線が止まっているらしいのでリムジンバスで帰っているところ。
おつかれさんでしたー
スポンサーサイト


コメント
初めまして、質問です。
初めまして。ホテル140で検索してたどり着きました。中国ロックバンドのツアマネさんなのですか?私は7月にボストンで某バンドのライブに行くために準備中でホテル140も候補の一つなのですが、「世界一おいしいイタリアン」がとっても気になってます。お店の名前とか教えていただけないでしょうか・・・?よろしくお願いします。

hiromi│URL│2006/05/28(Sun)10:13:35│ 編集
hiromiさん
はじめまして!
その中国ロックバンドのアメリカでの活動は別の人がやっているのですが、そのバンドの中国でのマネジメントをすることになってます(6月から)。
ホテル140はオススメですよ~。部屋も清潔で、Copley駅からも近いのでアクセスもいいですしね。
で、世界一おいしいイタリアンですが、店名は「Trattoria Il Panino(トラットリア・イル・パニーノ)」です。僕も人に連れて行ってもらったので詳細な場所は覚えていないのですが、Boston市内のNorth End(別名イタリア人街)にあります。地下鉄(BostonではTといいます)で言うとGreen LineのHaymarketという駅から歩いていけます。Government Ctr.からOutboundで一駅です。

と言う案内ではあまりにも不親切なので、今Google Earthで調べました・・・
たぶんここじゃないかと・・・

Trattoria Il Panino
11 Parmentor St
Boston, MA 02113
Phone: 617-720-1336

Haymarket駅から地上に出ると周りががんがん工事中です。恐らくDig(地上の高速道路を全部地下道にするという都市計画)の最中なんでしょう。方向を間違えないように、北の方角に高架道路の下をくぐって、道を渡って右に歩くと左側にSalem St.があるのでそれを登っていき、Parmenter St.についたら右に曲がると右側にあると思います。多分・・・
僕はロブスターのスパゲティを食べました。最高にうまかったです。それからカルボナーラも絶品ですよ。多分今まで食べたことのない味。
Antipastoではトマトとモッツァレラチーズと、ムール貝のトマトソース茹でを頼みましたがこれも絶品。トマトの味がたまらなくうまいんです。パンはおかわりできるし、パンにつけるオリーブオイル+アンチョビソースもほっぺが落ちそう。お酒が飲めるならワインも忘れずに!陽気な店員さんが色々と紹介してくれますよ。
Paul Revere Houseも近くにあるので、Bostonが初めてならFreedom Trailで観光してから行くのもいいかも。
Google Earthで道を確認していくことをオススメします☆

もし行ったら感想を聞かせてくださいね。

Xiao_Long│URL│2006/05/28(Sun)12:16:42│ 編集
バンド
>hiromiさん
あ、それからどのバンドを見に行くんですか?よければ教えてくださいね。

Xiao_Long│URL│2006/05/28(Sun)12:21:50│ 編集
丁寧に調べてくださってありがとうございます!!!
読んでいるだけでヨダレが(笑)もう、絶対に行きます!
予約していった方がいいですかね?あと服装はカジュアルでも大丈夫でしょうか。。。ここ数年はNYばかり行ってて、いつもデリで済ませているので今回はちゃんと満足いくところで食べたいと思ってるんです!



あ、バンドですか。。。Bon Jovi&Nickelbackです(笑)
中国でのお仕事頑張ってくださいね。

hiromi│URL│2006/05/28(Sun)20:37:24│ 編集
>hiromiさん
もう全然ラフで大丈夫ですよ!リストランテではないので、お気軽に♪
自分もめっちゃラフな格好で行きましたよ。
お店の人はみんな陽気なイタリア人で、オープン厨房で作っているのも丸見え。
予約は・・・どうしても待ちたくないならやっぱりしていった方がいいかもです。ただ僕が行った時には1~2組待ってましたが運良くすぐ入れました。確か平日の夜だったと思います。


Bon Jovi、いいじゃないですか!王道王道。大好きですよ。
こちらはPunkですが、アメリカでツアーをやっていても凄く受けがいいんですよ。現在もツアー中。
こんなバンドです。
http://www.brainfailure.com
これからガンガンやっていきますので、よろしく~!

Xiao_Long│URL│2006/05/28(Sun)23:00:43│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://xiaolong.blog27.fc2.com/tb.php/48-cbdfdbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター


現在の閲覧者数:

UNIQLOCK
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
CONTENTS
全ての記事

全ての記事を表示する

GREEフォト

プロフィール

Xiao_Long

Author:Xiao_Long
【近況】2009/10/24 更新
中国歴足かけ14年、現在は上海に駐在。
これまでやってきた仕事は中国語翻訳・通訳、中国購買・貿易業務、音楽系マネジメント・コーディネート、レストラン(中華)経営等幅広く。
07年7月7日(スリーセブン!)に結婚、子供はまだない。
MacBook MB467がおいらの相棒。
iPhone3GS片手に上海と浙江省を往復しては奮闘する毎日。
Twitter: @xiaolong761216

【プロフィール】
■東京生まれ、東京育ちの日本人
■日中半端バイリンガル(家庭内言語は中国語)
■過去のお仕事履歴
・1998年~99年
北京留学(北京語言文化大学→北京大学)しつつ現地音楽事務所に勤務。
・99年~02年
東京渋谷・恵比寿でレストラン経営しつつ途中で上海駐在して貿易など。
・02~06年
とある電子機器メーカーで中国生産を担当、上海と東京行ったり来たり。
・06年7月~
北京に移住し、中国最強のパンクバンドマネージャーを経て、
・08年10月~
上海に移住、一気に堅気に戻る。
・現在
日本の建具金物を扱う会社の駐在員として、中国生産業務(生産/品質管理・購買業務)を一手に引き受け中。

【課外活動】
■メディア出演・掲載系
・NHK特別番組「あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑スペシャル“北京でドリーム カムズ トゥルー”」に出演(2008年8月~4回再放送)
http://www.nhk.or.jp/shigoto/zukan/08sp2/next.html

08年8月7日(木) 22:00~ NHK総合
08年8月8日(金) 21:00~ NHK WORLD(海外)
08年8月19日 火曜日 14:05~14:48【総合テレビ】
08年8月25日 月曜日 01:45~02:28【総合テレビ】(=24日 日曜日 25:45~ )
08年9月19日 金曜日 01:00~01:43【教育テレビ】(=18日 木曜日 25:00~ )
※他に、友人の服部君や井上朋子ちゃんなど北京の和僑が5人出演。
■中国ロック系活動
・中国ロックメーリングリスト「Yaogun ML」主催者(最近サボり気味)
・北京のロックバンド「THIN MAN(痩人)」のフジロック '00 & '01連続参加を全面コーディネート
・2003年10月 日本のロックバンドBRAHMAN CHINA TOUR(北京MIDI FES, 豪運Bar Live)を全面コーディネート
■飲食店系活動
・FUJI ROCK FESTIVAL WORLD RESTAURANTへの出店('00-'02、中華料理)
■翻訳・通訳系活動
・2006年2月
台湾のトップスター・周杰倫(Jay Chou、ジェイ・チョウ)来日コンサート通訳
・NPO法人のお手伝いで日中小中学校文通の翻訳
・某放送系番組の中→日翻訳
■所有資格
・HSK(漢語水平考試)8級
・講道館柔道弐段
・スキューバダイビングライセンス(OW)
・SAJスキー2級
・普通運転免許(MT)
■スポーツ
時々水泳、冬は必ずスキー。格闘技とサッカーは最近は観戦のみ。
■過去所有車
VIVIO、Alfa Romeo 145、Mercedes-Benz C200等。ほんとはMT車好き。
■非戦音楽人会議メンバー

巷で話題の漢方薬!

ChainetaBanner

上海関連バナー集
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去ログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。