上海から主にMac・iPhone・音楽・工場生産関係のネタをお届け。
2006/05«│ 2006/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2006/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2006/06/27
04:10:03
香港で早速EX600を使ってます。

通話音量が少し小さいような気がしますが、それほど問題ない感じです。

それと、無線LANで、相性が悪いのかわからないですが、同じ場所のノートPCでは接続できるのにEX600では接続できないというのがありました。SSIDも公開してて、WEPもないルータなんですけどねえ。a規格だったんでしょうかね。

それ以外はもう、便利の一言。多分ずっと手放せないと思います。買ってよかった。
今日、EX600を売ってくれたS友さんのいるビルでビザ申請してきました。いや~偶然。

偶然といえば今日は本当に久々に芸能関係の人にばったり出会ったり。
色々つながる香港、かなり楽しいです。


↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく
スポンサーサイト

Parent category:WindowsMobile Category:EX600コメント:2トラックバック:0
19:28:26
暑いよ~。
3日前くらいに中国のビザ取得の決まりが突然変わって、1年のビザがとれなくなったらしい。
ということで半年ので行く予定。
こういうのって困るよな~。


↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

03:20:40
25日に行くことになりました。
まずは香港、そして北京です。
これから何が待っているかわからないけど、わくわくしてます。
不安も大きいけど、現地に行ったらきっと吹っ飛ぶでしょう。
現地ではネットの環境がすぐに確立できそうもないのでどうなるかわかりませんが、できるだけ更新していきたいと思います。

EX600がようやく陽の目を見ることになりそうです。
W-ZERO3は弟にあげました。
さ、がんばろ。


↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

03:04:43
日本語Windows Mobile 5.0標準搭載なのにGSM携帯なので日本では使えないという、とっても酔狂でニッチでとてつもなく素敵な代物「EX600」なわけだが、肝心の日本語入力が弱いんじゃ非国民。ちうわけでATOK for PocketPCの導入をしてみた。

ATOK for Pocket PC


本来ATOK for PPCはPPC2003までで、WM5.0は対応してない。普通にインスコすると色々と勝手に設定を変えられてしまって再起動ができなくなったりする。
でも回避方法があった。
ここを参照・・・

★大陸諜報活動新聞★ 「UniversalでAtok動く」
http://asukal.seesaa.net/article/8957268.html


結果は問題なし。
但し注意事項。

※Universal用にあった2つのレジストリの変更は全く必要なし。
※ATOKの設定をいじった後は必ずPower Tweakで標準の入力を「ローマ字/かな」など、「英数」以外に変更すること。
※キーボードはやはりHappy Tapping Keyboardがオススメ。

以上レポート終わり。
今度もう1回EX600にインストールしたソフトをまとめてみるかな。

中国に着いたら6in1 SIM(闇のブツ)も試してみる予定。


↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

Parent category:WindowsMobile Category:EX600コメント:0トラックバック:0
00:35:57
あ~あ。
しょうもなさすぎて言葉がない。
ま、これでW杯気にせずにあちらに行けますわ。

↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

01:50:20
なんてこった、中国政府が国内からのGmailやSkype(Skype Outのみ)へのアクセスまでも規制を始めたというのだ。

これじゃ酷いよ、仕事になんないよ!
どうにかしてくれ~。

中国政府、マジでどうかしてるよ。
情報なんて制限したってもう意味ないのに。
長城なんか築いたところでGoogle Earthで地球の隅から隅まで丸見えな時代なのに。

海外からの駐在の人全員で抗議するべきだ。
通信キャリアも一緒にね・・・

まあ、いろいろ対策練るしか?
あ~めんどくさ!


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/08/news020.html

--引用開始--
中国が検閲強化、Google.comへのアクセス不能に

Google.comの検索が中国のほぼ全土で利用できなくなったとして、非政府組織の国境なき記者団が、中国での検閲を糾弾する声明を発表した。

 国境なき記者団によれば、過去数週間で中国の主要都市からGoogle.comへのアクセスが難しくなり、5月31日にはGoogle検索にまったくアクセスできなくなった。その後徐々にGoogle NewsとGoogle Mailも遮断されているという。一方、中国政府の検閲を受けているGoogle.cnは現在でもアクセス可能。

 検閲を回避するために米国で開発されたソフトも、当局が設置したファイアウォールに阻まれてうまく機能しなくなったという。こうしたソフトの妨害は過去最高のレベルに達し、当局が遮断のために相当のハードとソフトをつぎ込んでいる模様だと報告している。

 「1月に検閲版が立ち上げられた後、Google.comが徐々に追いやられることは分かり切っていた。Googleもほかの西欧企業に追随して、中国のオンライン検閲に従った」と国境なき記者団は批判している。

--引用終了--

↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

14:03:24
世の中には、一人で旅をするのが好きな人と、苦手な人が存在すると思う。

自分は明らかに後者に属する。

旅そのものは好きだ。複数の人数で行くなら。特に気の置けない友人と行く旅などは最高だ。

しかし一人旅は、特に見知らぬ所に一人で行くことには、アレルギーがある。

一人で旅行をしていてもなんの感動も覚えない。感想を共有できる人が周りにいないと、無関心で通り過ぎてしまう。一人で感動したところで、誰に伝わるわけでもないから、すぐに虚しく感じる。しかし友人と一緒に旅行したりする時には一緒にいる人の反応などを見て楽しむことが出来る。

一人で計画を立てるのも苦手だ。明日何時に起きて、ホテルを何時に出て、どこどこに何時にどうやって行って、どこでご飯食べて・・・と考えているうちに行きたくなくなる。結局計画を立てても思い通りにいかなかったり、それほど計画を立てずあてもなく彷徨ったりして、自己嫌悪に陥ったりする。友人などと一緒に計画を立てる時には、色々と調べてきて、積極的に自分主体で計画を立てることもあるのに。

運転するのは好きな方だが、一人でドライブするのは苦手だ。今はナビがあって迷うことはないので、ナビで適当に設定した目的地にふらっと行くようなドライブを試したことがあるが、その頃MTの車(Alfa145)に乗っていて楽しい運転のはずなのになぜか行程も楽しめなければ、着いた時の達成感さえも感じなかった。

一人旅をしていると、孤独感に苛まれて常に不安にかられる。つまらなさに息が詰まるような思いがする。そんな状況が厭で、一人旅の状況を無理やり楽しもうとしている自分に気付いて、余計莫迦莫迦しくなる。だから一人旅は苦手だ。

好奇心と計画性の欠如と自意識過剰が原因なのだろうか。はたまたただの寂しがりやなのか。

一人旅を楽しむ術があれば是非とも教えてほしいものだ。

↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

Parent category:中国生活 Category:日記コメント:0トラックバック:0
10:43:39
theoria ~テオーリア~ theoria ~テオーリア~
ブラフマン (2006/06/28)
トイズファクトリー
この商品の詳細を見る


日本が誇る究極のライブバンド、BRAHMAN。
待望のDVDが来る6/28にリリース。
2枚組で、ライブ映像とPVが詰め込まれていて、ライブ映像には2003年の北京MIDI FESでのライブ映像も含まれる。
FANならずとも是非見て欲しいバンド。


↓1回ぽちっとクリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

TwitterでつぶやくTwitterでこの記事についてつぶやく

FC2カウンター


現在の閲覧者数:

UNIQLOCK
最新記事
最新コメント
カテゴリ
Twitter
CONTENTS
全ての記事

全ての記事を表示する

GREEフォト

プロフィール

Xiao_Long

Author:Xiao_Long
【近況】2009/10/24 更新
中国歴足かけ14年、現在は上海に駐在。
これまでやってきた仕事は中国語翻訳・通訳、中国購買・貿易業務、音楽系マネジメント・コーディネート、レストラン(中華)経営等幅広く。
07年7月7日(スリーセブン!)に結婚、子供はまだない。
MacBook MB467がおいらの相棒。
iPhone3GS片手に上海と浙江省を往復しては奮闘する毎日。
Twitter: @xiaolong761216

【プロフィール】
■東京生まれ、東京育ちの日本人
■日中半端バイリンガル(家庭内言語は中国語)
■過去のお仕事履歴
・1998年~99年
北京留学(北京語言文化大学→北京大学)しつつ現地音楽事務所に勤務。
・99年~02年
東京渋谷・恵比寿でレストラン経営しつつ途中で上海駐在して貿易など。
・02~06年
とある電子機器メーカーで中国生産を担当、上海と東京行ったり来たり。
・06年7月~
北京に移住し、中国最強のパンクバンドマネージャーを経て、
・08年10月~
上海に移住、一気に堅気に戻る。
・現在
日本の建具金物を扱う会社の駐在員として、中国生産業務(生産/品質管理・購買業務)を一手に引き受け中。

【課外活動】
■メディア出演・掲載系
・NHK特別番組「あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑スペシャル“北京でドリーム カムズ トゥルー”」に出演(2008年8月~4回再放送)
http://www.nhk.or.jp/shigoto/zukan/08sp2/next.html

08年8月7日(木) 22:00~ NHK総合
08年8月8日(金) 21:00~ NHK WORLD(海外)
08年8月19日 火曜日 14:05~14:48【総合テレビ】
08年8月25日 月曜日 01:45~02:28【総合テレビ】(=24日 日曜日 25:45~ )
08年9月19日 金曜日 01:00~01:43【教育テレビ】(=18日 木曜日 25:00~ )
※他に、友人の服部君や井上朋子ちゃんなど北京の和僑が5人出演。
■中国ロック系活動
・中国ロックメーリングリスト「Yaogun ML」主催者(最近サボり気味)
・北京のロックバンド「THIN MAN(痩人)」のフジロック '00 & '01連続参加を全面コーディネート
・2003年10月 日本のロックバンドBRAHMAN CHINA TOUR(北京MIDI FES, 豪運Bar Live)を全面コーディネート
■飲食店系活動
・FUJI ROCK FESTIVAL WORLD RESTAURANTへの出店('00-'02、中華料理)
■翻訳・通訳系活動
・2006年2月
台湾のトップスター・周杰倫(Jay Chou、ジェイ・チョウ)来日コンサート通訳
・NPO法人のお手伝いで日中小中学校文通の翻訳
・某放送系番組の中→日翻訳
■所有資格
・HSK(漢語水平考試)8級
・講道館柔道弐段
・スキューバダイビングライセンス(OW)
・SAJスキー2級
・普通運転免許(MT)
■スポーツ
時々水泳、冬は必ずスキー。格闘技とサッカーは最近は観戦のみ。
■過去所有車
VIVIO、Alfa Romeo 145、Mercedes-Benz C200等。ほんとはMT車好き。
■非戦音楽人会議メンバー

巷で話題の漢方薬!

ChainetaBanner

上海関連バナー集
最近のトラックバック
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去ログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。